リスキリング支援の拡大に向け、「tech boost」のJavaScript+PHP講座が、第四次産業革命スキル習得講座に認定および専門実践教育訓練に指定

株式会社TWOSTONE&Sonsの100%子会社である株式会社Branding Engineer(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:河端保志、代表取締役COO:高原克弥、以下Branding Engineer)は、運営するプログラミングスクールtech boostの「ブーストコース(JavaScript+PHP)」が、経済産業大臣認定の​第四次産業革命スキル習得講座 (Reスキル講座)に認定され、厚生労働省指定の教育訓練給付制度の対象講座に指定されたことをお知らせいたします。この認定と指定により、tech boostにおいて計4講座が給付対象となりました。ブーストコース(JavaScript+PHP)を受講される方は、一定の条件(※1)を満たすことで最大70%(※2)が給付されます。

サービスサイト:https://tech-boost.jp/

カレンダー が含まれている画像

自動的に生成された説明

■認定と指定に至った背景
第四次産業革命に対応する取り組みとして「専門的なIT技術や知識」が求められる今、リスキリングが注目されており、2022年10月、政府は個人のリスキリング支援に5年で1兆円を投資すると発表(※3)しました。そして、令和6年度(2024年度)の厚生労働省による予算概算要求(※4)においては、リスキリングに厚く投資する方針を発表し、今後益々リスキリングを検討する離職者や転職者が増加すると考えられます。
tech boostは、フリーランスエンジニアを目指せるプログラミングスクールとして、リスキリングを最大限支援できるよう様々な取り組みを進めてまいりました。
これまでにも、個人に合わせた学習スタイルを確立するための運営体制の見直し、無料体験会などを行っております。その中でも、経済産業大臣認定の第四次産業革命スキル習得講座 (Reスキル講座)の認定および厚生労働省指定の教育訓練給付制度の指定取得は、注力し取り組んでいる内容のひとつであり、今回新たにブーストコース(JavaScript+PHP)が対象講座となりました。
これにより、受講者はより幅広いプログラミング言語選択肢の中で、経済的負担が最小限となる環境下でリスキリングにチャレンジすることが可能となります。

■概要
【対象講座】
・ブーストコース(JavaScript+PHP)

今回の認定および給付指定により、ブーストコースにおいて計4講座が認定および給付対象(※2)となりました。
詳細は、下記リンクをご覧ください。
https://tech-boost.jp/

【経済産業省​第四次産業革命スキル習得講座 (Reスキル講座)とは】
「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」とは、IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。
経済産業省では、民間事業者が社会人向けに提供する IT・データ分野を中心とした高度なレベルの教育訓練講座を「第四次産業革命スキル習得講座」(Reスキル講座)として認定し、社会人のスキルアップを応援しています。
(経済産業省「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」参照: https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/reskillprograms/index.html

【厚生労働省の教育訓練給付制度とは】
労働者の主体的なスキルアップを支援するため、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練を受講・修了した方に対し、その費用の一部が支給される制度です。対象となる教育訓練は、そのレベルなどに応じて3種類があり、それぞれ給付率が異なります。
(厚生労働省「教育訓練給付制度」参照:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

【tech boostとは】
tech boostは、未経験からフリーランスエンジニアへの挑戦を支援するプログラミングスクールです。
フリーランスエンジニアを目指していただく上で、転職 / キャリアアップ / 副業 / X-tech などの全ての選択肢に対する学習支援を提供し、あらゆる人が理想の生き方を実現できる未来を目指します。
今後もtech boostは、プログラミングを学び、理想の生き方を追求しようとする全ての方が一歩足を踏み出せる支援を行い、ひいてはフリーランスエンジニアの価値向上に繋がる活動を行ってまいります。

※1:給付対象には条件がございます。詳細は、最寄りのハローワーク(公共職業安定所)にてご確認ください。なお、受講開始日より1ヶ月前に手続きが完了している必要がございます。
※2:給付金には56万円の上限がございます。受講されるコースにより、条件が異なります。事前にご確認いただく際は、下記サービスサイトより事務局へお問合せいただくか、厚生労働省サイトの職業訓練給付制度をご覧ください。
・サービスサイト:https://tech-boost.jp/
・厚生労働省 職業訓練給付制度:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html
※3:第二百十回国会における岸田内閣総理大臣所信表明演説(令和4年10月3日)より
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/statement/2022/1003shoshinhyomei.html
※4:厚生労働省広報室発表 令和加藤大臣会見概要(令和5年9月5日)より
https://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000194708_00586.html

■Branding Engineerとは
株式会社TWOSTONE&Sonsの100%子会社として、エンジニアプラットフォームを中心に事業展開しております。詳しくは、Branding Engineerコーポレートサイト(https://b-engineer.co.jp/)をご覧ください。

■TWOSTONE&Sonsについて
エンジニアプラットフォーム事業を中心に様々なソリューションサービスを提供するホールディングカンパニー。2013年株式会社Branding Engineerとして創業、2020年7月7日に東京証券取引所マザーズ市場(現:グロース市場、証券コード:7352)へ新規上場。2023年6月1日に、「株式会社TWOSTONE&Sons(ツーストーンアンドサンズ)」に社名変更し、ホールディングス体制へと移行。
グループ全体で幅広い事業を展開し、世の中の社会課題を解決する事業集団として社会に貢献してまいります。詳しくは、TWOSTONE&Sonsコーポレートサイト(https://twostone-s.com/)をご覧ください。

TWOSTONE&Sonsグループの主力サービス
フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービス Midworks
https://mid-works.com/
ITエンジニア特化型転職支援サービス TechStars Agent
https://techstars.jp/lp/agent/
初心者から始められる、オンラインでも充実サポートの実践型プログラミングスクール tech boost
https://tech-boost.jp/
総合WEBマーケティングソリューションサービス Digital Arrow Partners
https://b-engineer.co.jp/digital-arrow-partners/
全マーケ指標改善型クローズドASP SONOSAKI
https://sonosaki-ads.com/
企業のマーケティング課題をプロマーケターが解決する Expert Partners Marketing
https://b-engineer.co.jp/expert-partners-mk/

TWOSTONE&Sonsのニュースリリースはこちら
https://twostone-s.com/news/

関連ニュース

2024.05.18

当社子会社Branding CareerとログミーTechが共催したセミナーのレポートが公開されました。

2024.05.16

Digital Arrow Partners、シンフィールドとの共催で“今やるべき!失敗しないWeb集客”ウェビナーを開催
~コンテンツSEOによる集客×マンガコンテンツによるCV向上~

2024.05.14

2024年8月期 第2四半期決算説明会 質疑応答(要旨)