Branding Engineer、「Midworks」においてChatGPTで用いられる言語モデル「GPT-3」を活用したPoC(概念実証)開始

株式会社Branding Engineer(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:河端保志、代表取締役COO:高原克弥、証券コード:7352、以下Branding Engineer)は、提供するITエンジニア向けの独立支援サービス「Midworks」において業務改善およびサービス品質向上の取り組みとして、ChatGPTで用いられる言語モデル「GPT-3」を活用したPoC(Proof of Concept:概念実証)を開始したことをお知らせいたします。

■背景
Midworksは、フリーランスエンジニアと企業をマッチングするサービスです。候補者であるフリーランスエンジニアには特性と志向を活かした案件を、企業には案件に適したスキルと経歴を持った候補者を、それぞれにご提案することでマッチングを行っております。
現時点においては、知見豊富なエージェントが既存の社内システムデータを分析しながら両者にご提案しておりますが、登録者数と取引社数の増加に伴い、様々な効率化手段を検討してまいりました。

ChatGPTに用いられる「GPT-3」は、人と同等レベルの精度の高い文章作成を可能とする言語モデルです。今回のPoCでは、従来Midworksのエージェントが一から作成していた推薦文を、「GPT-3」を活用して作成することで大幅な業務効率化を実現できます。しかし、その一方で知見豊富なエージェントの視点による提案文章も、Midworksサービスにおける付加価値の1つであると考えております。
今回のPoCにおいては、“GPT-3の特徴である高速かつ精度の高い文章作成”を行うとともに、“エージェントの経験と知見を活かした加筆修正”といったMidworksの持つ付加価値を掛け合わせます。これにより、質の高い推薦文書を提供するとともに、よりスピーディかつより精度の高いマッチングの実現が可能となります。

■サービス改善に向けた取り組み内容と提供価値
取り組み内容
「GPT-3を活用した文章作成」のPoCを開始いたします。主に、下記のような活用を想定しています。
・企業担当者への推薦文作成
・GPT-3が作成した推薦文を用いた新たな面談対策

提供価値
案件に応募する候補者に対して、「質の高い推薦文を用いた企業への提案」「スピーディかつ精度の高いマッチング」「案件成約率の向上」が可能になります。

GPT-3とは
GPT-3は、2020年7月にOpenAIが発表した高性能な言語モデルです。OpenAIは、Transformerと呼ばれる深層学習の手法を用いた言語モデルGPT(2018年)、GPT-2(2019年)を発表しており、GPT-3はその後継の言語モデルとなります。

Midworksでは、企業、ITエンジニアの双方にとって最良のマッチングができるよう今後もサービスの強化に努めてまいります。

■Midworksとは
Midworksは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスです。
自社独自のフリーランス独立支援サービスにより、フリーランスの方の営業に関わる物理的負担や、保証がないことによる心理的負担等をなくすことで、本来の業務に集中できる環境づくりをサポートします。「MAKE ENGINEERS HAPPY ~幸せに働くエンジニアを増やし、社会貢献する~」をビジョンに掲げ、ITエンジニアの働き方や案件との出会いに、より多くの選択肢や可能性を創出することで、一人でも多くのエンジニアのLIFEと、プロジェクトの質の向上、双方の実現を目指します。

■Branding Engineerについて
2020年7月7日(火)に東京証券取引所マザーズ市場(現:グロース市場)へ新規上場。
「エンジニアと共に、未来に革命を。」をメッセージに掲げ、「Midworks(https://mid-works.com/)」「TechStars Agent(https://techstars.jp/lp/agent/)」「tech boost(https://tech-boost.jp/)」等、ITエンジニアのキャリアライフをサポートする様々な事業や、「Mayonez(https://mayonez.jp/)」をはじめとするメディア事業を展開。
時流にあった新しい働き方の創出やサポートを通じて、あらゆるエンジニアが、自身の、また社会の可能性を信じ、価値創出していける未来実現のためのプラットフォーマーを目指しています。
現在では、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners(https://b-engineer.co.jp/digital-arrow-partners/)」をはじめとする企業のDX推進をサポートするクライアントソリューションにも注力、事業領域を拡大しています。
詳しくは、Branding Engineerコーポレートサイト(https://twostone-s.com/)をご覧ください。

フリーランス独立支援サービス Midworks『リモート案件特集公開中!』
https://mid-works.com/
ITエンジニア特化型転職支援サービス TechStars Agent
https://techstars.jp/lp/agent/
初心者から始められる、オンラインでも充実サポートの実践型プログラミングスクール tech boost
https://tech-boost.jp/
総合WEBマーケティングソリューションサービス Digital Arrow Partners
https://b-engineer.co.jp/digital-arrow-partners/
IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン Mayonez
https://mayonez.jp/
スマホで軽く叩く、気軽に見られるビジネスサイト Tap-biz
https://tap-biz.jp/
全マーケ指標改善型クローズドASP SONOSAKI
https://sonosaki-ads.com/

Branding Engineerのニュースリリースはこちらから
https://twostone-s.com/news/

関連ニュース

2024.05.18

当社子会社Branding CareerとログミーTechが共催したセミナーのレポートが公開されました。

2024.05.16

Digital Arrow Partners、シンフィールドとの共催で“今やるべき!失敗しないWeb集客”ウェビナーを開催
~コンテンツSEOによる集客×マンガコンテンツによるCV向上~

2024.05.14

2024年8月期 第2四半期決算説明会 質疑応答(要旨)