プログラミングスクール「tech boost」、ITエンジニアを最短距離で目指す“学習サポート体制”へとアップデート

株式会社Branding Engineer(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:河端保志、代表取締役COO:高原克弥、証券コード:7352、以下Branding Engineer)は、運営する“初心者から始められる、オンラインでも充実サポートの実践型プログラミングスクール tech boost”にて、学習サポート体制をアップデートしたことをお知らせいたします。

サービスサイトURL:https://tech-boost.jp/

■学習サポート体制アップデートの背景
現在の日本国内においては、2030年のIT人材79万人不足問題(※1)にもあるように、IT人材需給において深刻な問題を抱えており、政府は企業および個人に対してリスキリング支援策を推進している状況です。また、総務省が行った調査(※2)によると、2016年と比較し2021年において学習する人々は増加しております。
しかし、2021年は新型コロナウイルスなど外的環境や状況など大きな変化が生じたにも関わらず、一人当たりが1日に学業以外の学習にかける時間は変わらないということも調査結果で判明しました。このことから、リスキリングを推進していくためには、個人の限られた時間の中でいかに効率的に学習を進めるかが重要であるといえます。
tech boostは、初心者から始められる、オンラインでも充実サポートの実践型プログラミングスクールです。かねてより「長期的な時代変化に対応できるフリーランスエンジニア」を目指せるようサービスの向上およびリスキリングの機会を創出してまいりました。
tech boostでは、個人の学習にあてられる時間が限られている中でリスキリング推進を支援していくために、受講生一人一人の生活スタイルに合わせ、確実かつ効率的に学習を進めてキャリアを掴むためのカリキュラムやサポート体制の強化が必要であると考え、このたび「新学習サポート体制」へとサービス内容をアップデートいたしました。
これにより、受講者はより手厚いサポート環境の中で、スムーズに学習を進めることが可能となります。

■受講ステップ
①受講開始後の「入学式」
受講者が揃ってオンライン上で入学式を実施し、ツールやサポート体制について説明いたします。受講者のプログラミング学習目的と目標を明確にし、一人一人の生活スタイルに合わせた学習プランを立て、受講者が自走できるよう運営側と準備いたします。

②メンターとの学習プラン設計
現役の技術者目線から、計画した学習プランが妥当であるかを確認し、実現の可能性を高めます。共に伴走し、確実に学習を完走できる状態を目指します。

③学習スタート
学習プランに沿って、講座を進めていきます。担当メンターや運営側との連絡や面談を通して、随時進捗や不明点や課題点を確認し合ってクリアにします。同時に、学習の段階から卒業後の転職に向けてのキャリアサポートも開始いたします。
また、月に1度のイベントも開催し、受講生同士や卒業生との交流の機会も設けております。

④転職に向けたイベント
学習過程で大きく2つに分かれている、カリキュラムに沿ってプログラミングを学ぶ「ベーシックターム」とオリジナルポートフォリオを作成する「ディベロップターム」の間にイベントを設けております。本イベントで、転職成功に向けたポートフォリオの作成ポイントを解説いたします。

⑤キャリアサポート
学習中から行っているキャリアサポートを踏まえ、具体的な転職活動に向けて、メールや面談対策、企業や案件紹介~管理の一連を運営で全面バックアップいたします。

■新学習サポート体制におけるtech boostの特徴

1.個人の生活やスタイルに合わせた学習プランの算出とサポート
・入学式・顔合わせ・学習スタートまでのサイクルで、一人一人のスタイルに合わせた学習プランを算出
・オンライン上で、365日24時間受講可能
・生徒同士のコミュニティ、卒業生や現役エンジニアとの交流イベント、といったtech boostならではのサポートや運営体制

2.週1回以上の現役エンジニアによるメンタリングサポート
・カリキュラムの不明点や学習進捗の相談
・長期的なキャリア相談もアドバイス

3.充実したキャリアサポート
・転職・独立支援に繋げていくための支援体制
・Branding Engineerが提供するサービスとの連動により、密なキャリアサポート

今後もtech boostは、プログラミングを学び、理想の生き方を追求しようとする全ての方が一歩足を踏み出せる支援を行い、ひいてはフリーランスエンジニアの価値向上に繋がる活動を行ってまいります。

※1:経済産業省発表 みずほ情報総研株式会社 IT人材需給に関する調査
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf
※2:令和3年社会生活基本調査 生活時間及び生活行動に関する結果 結果の要約(https://www.stat.go.jp/data/shakai/2021/pdf/youyakua.pdf

■tech boostとは
tech boostは、未経験からフリーランスエンジニアへの挑戦を支援するプログラミングスクールです。
フリーランスエンジニアを目指していただく上で、転職 / キャリアアップ / 副業 / X-tech などの全ての選択肢に対する学習支援を提供し、あらゆる人が理想の生き方を実現できる未来を目指します。

■Branding Engineerについて
2020年7月7日(火)に東京証券取引所マザーズ市場(現:グロース市場)へ新規上場。
「エンジニアと共に、未来に革命を。」をメッセージに掲げ、「Midworks(https://mid-works.com/)」「TechStars Agent(https://techstars.jp/lp/agent/)」「tech boost(https://tech-boost.jp/)」等、ITエンジニアのキャリアライフをサポートする様々な事業や、「Mayonez(https://mayonez.jp/)」をはじめとするメディア事業を展開。
時流にあった新しい働き方の創出やサポートを通じて、あらゆるエンジニアが、自身の、また社会の可能性を信じ、価値創出していける未来実現のためのプラットフォーマーを目指しています。
現在では、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners(https://b-engineer.co.jp/digital-arrow-partners/)」をはじめとする企業のDX推進をサポートするクライアントソリューションにも注力、事業領域を拡大しています。
詳しくは、Branding Engineerコーポレートサイト(https://b-engineer.co.jp/)をご覧ください。

フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービス Midworks『リモート案件特集公開中!』
https://mid-works.com/
ITエンジニア特化型転職支援サービス TechStars Agent
https://techstars.jp/lp/agent/
初心者から始められる、オンラインでも充実サポートの実践型プログラミングスクール tech boost
https://tech-boost.jp/
総合WEBマーケティングソリューションサービス Digital Arrow Partners
https://b-engineer.co.jp/digital-arrow-partners/
IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン Mayonez
https://mayonez.jp/
スマホで軽く叩く、気軽に見られるビジネスサイト Tap-biz
https://tap-biz.jp/
全マーケ指標改善型クローズドASP SONOSAKI
https://sonosaki-ads.com/
企業のマーケティング課題をプロマーケターが解決する Expert Partners Marketing
https://b-engineer.co.jp/expert-partners-mk/

Branding Engineerのニュースリリースはこちらから
https://b-engineer.co.jp/news/

関連ニュース

2024.04.12

TWOSTONE&Sons 2024年8月期 第2四半期決算発表
海外募集による新株式発行・中長期を見据えた投資を加速、売上高14四半期連続最高値

2024.04.11

フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービス「Midworks」導入企業数が4年間で4.4倍に増加

2024.04.10

【メディア掲載】「Sense of…」にて、当社子会社Branding Careerの代表佐地が掲載されました。